FXで失敗しない為にどうすべきか?を知るFX初心者の教科書

もしあなたが、

・将来の資金(子供の教育、老後、親の介護)が心配でFXを始めたい。
・仕事の帰宅後、休みの日、家事の合間の空いた時間を使ってFXで収入を得たい。
・でもFXを始めてみたいんだけれど何をしていいかわからない。
・FX初心者なので失敗したらどうしよう。


と思っているのなら




恋スキャFXを紹介したいのですが・・・









この恋スキャFXは、

FX初心者でも" 空いた時間にぱぱっと稼ぐ" "ゲームのように楽しんで稼ぐ方法"にこだわり作られた本格スキャルピング教材です。

(スキャルピングとは、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法です。 スイングトレード(短中期売買)やデイトレード(短期売買)よりも、更に短期間/薄利狙いであることが特徴です。)

理論や資金管理術などスキャルピングの手法を使って勝つための基礎的な情報から、実際にスキャルピングで安定して稼ぎ続けるための実践的なオリジナル手法など、スキャルピングで稼ぐための必要要素が全て盛り込まれています。
さらには、専任スタッフによる迅速なサポートまでついており、FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ技術を身につけることができます。初心者にもわかりやすく安心してトレードできるように作られていますが、それと同時にチャートがいつの間にか読めるようになっていたり、プロと同等の相場観も身につくように構成されています。

■トレードチャンス

⇒1時間に20回以上

■初期投資金額

⇒5万円から可能

■取り扱い通貨ペア

⇒メジャー通貨のドル円 ユーロ円 ポンド円 ユーロドル ポンドドル

■モニターさんの勝率


⇒88.7%(利益確定幅と、損切り幅はほぼ同じ!)



1)レンジとトレンドの境界が瞬時に判断できるようになり、相場が上がっても下がっても稼ぐことができる。

2)半システム・半裁量 システムと裁量の良いとこどりの高速スキャルピングロジックである。

3)相場全体の7割とも言われているレンジ相場(どっちに動くかわからないだらだらとした相場)から利益を抜き取る手法である。

4)さらに、トレンドの初速をとらえる、『トレンド感知型ロジック』も搭載。
2つのロジックの組み合わせでさらなる安定性を目指す。

5)単なる教材の枠にとどまらず、購入者さまとのつながりを重視し、購入者さまからの情報提供も多く、FXで勝つための情報を手に入れることができる。

6)レンジでも利益、そしてついに、初心者が難しかったトレンド方向を把握してのエントリーにも対応。 その方向に恋スキャエントリーするだけ!



仕事が終わって家に帰り、空いた時間に楽してぱぱっと安定して稼ぎたいとお考えの方にはおすすめのスキャルピングの手法がわかるノウハウです。

「楽して稼いで、プロになる。」

「ゲーム感覚で楽しむFX」


このようなイメージでよいと思います。



そして、あなたが忙しいサラリーマンや主婦で



と考えているのなら、

このページは、あなたが今まで読んだ中でもっとも重要なメッセージになります。

なぜなら、FXのスキャルピングを使って"1日わずか30分ほどの空いた時間"で、

"毎日平均3万円〜7万円" 
(1.0ロットのスキャルピングトレードなどにより)を楽しみながら稼ぐことができる、

"FXのスキャルピング手法"
をご紹介するからです。

1日数分〜1時間程度のスキャルピングの手法を使って安定して稼ぐことも可能だと自負しています。

この恋スキャFXでは、私がたくさんの失敗を積み重ね、そこから得たノウハウと、その手法(ロジック)をすべて公開しています。

FX初心者にでもぱぱっと楽しく稼ぐことができるスキャルピングプロジェクト
です。





それでは、実際のトレード実績をご覧ください。





上の結果は、FX経験者には分かりやすいかも知れませんが、FXが初めての方のために、少しご説明します。

上記の「pips」という単位なのですが、

まず、5月6日の「167pips」

これは、10万通貨(1.0Lots)というボリュームで取引したとすると、

16万7000円の利益(対円通貨ペアの場合、1pips=1,000円で計算)になることを表しています。

初めての人でも、トレードしていけばすぐに理解できるようになるのですが、

一般的な例で言うと、30万円ほどの運用資金で、5万通貨(0.5Lots)の取引なら、

わずか1日の取引の利益でも、8万3500円ということになります。

1回のトレードは、あなたが狙いを定めてから利益を取るまでの時間、わずか数分です。

そのわずか数分の間に利益をぬいてしまう。

勝てる手法さえ理解すれば、スキャルピングで稼ぐことは、こんなに簡単なのです。




こんなうれしいお手紙を頂きました。












はじめまして、FX-Jinと申します。

主にFXのスキャルピングで生活をしているプロのトレーダーです。

■恋スキャFXのノウハウ提供者、FX-Jinは、

約1年間のシグナル配信で、
およそ1700人の会員資産を10倍にし、
年間10,000pips以上
を獲得した実績を持っています。
(プレッシャーの多いシグナル配信で、ここまでの成績を出すことは非常に稀であり、アメリカのトップディーラーでも、年間およそ6,000pips程度というのが実情です。)

■そのシグナル配信の腕を買われ、 外国の証券会社から専属トレーダーとしてのオファーを打診されるも、フリーでFXトレードの研鑽を積み、ノウハウを教材化しています。

今まで上記のような王道のライントレード手法や、どのような相場でも使える鉄板手法、そして初心者でもFXが基礎から学べる手法を公開。FX初心者でも利益を上げられる手法の公開を継続しており おかげさまでクレームもなくみなさまに満足していただいています。今ではオンライン・オフライン問わず、たくさんの方を指導しています。






面白いデータを取りました。

実は、事前に恋スキャFXを実践してもらった50名の方全員に匿名でアンケートをとらせていただいたんですが、非常に興味深いデータが取れたのです。
どういうデータかというと、



事前に恋スキャFXを実践してもらった50名の方に、アンケートを実施させていただきましたところ、実に46名の方がこの恋スキャFXの内容に満足し、それを今も実践しているのです。
では、なぜ今でも使い続けてくれているのでしょうか?

というのも、今までのスキャル商材だといかんせん待ち時間が長く、トレンドが発生しないとチャンスもめぐって来ないので、途中であきらめる人が多かったのですが、この恋スキャFXではそういった問題点を解消し、日々のちょっとした空き時間にいかに効率よく稼ぐか。ここに焦点を合わせて作られているからです。

残念ながら2%の人に満足いただけなかったのですが、その理由を聞いてみると、
「まだマニュアルを読んでいなかった」
「急に仕事が忙しくなり手がつけられなかった」
というのが大半の理由だったのです。




恋スキャFXは他の教材と何が違うのか?




自動売買ソフトと比べた場合、時間の利便性こそかないませんが、
恋スキャFXを習得しておけば、システム任せではなく、自分の判断でぱぱっとトレードができるので、トータルで考えれば、いつドローダウンがおきてもおかしくない自動売買だけに頼り切るより、非常に賢明な選択だと言えるでしょう。

また、あなた自身が勝ち続けられるトレーダーになる。空いた時間にぱぱっとレードして毎日相場から恵みをいただく。これは、あなた自身がこの不況時代を生き抜くための、大きな武器となるはずです。一度習得してしまえば、いつでも経済的な自由人でいられるのですから。











さらに恋スキャFXビクトリーDX完全版にバージョンアップした新機能も、もう一度ご覧ください





エントリーポイントが明確で、さらにレンジに強いロジックなので、

動きが鈍い時間帯やレンジ相場でも、往復して利益を積み重ねることができるんです。

そしてまた、一度チャンスを見逃しても、次のチャンスがすぐ訪れる。

なので、次々とゲーム感覚でスキャルピングを楽しむことができるんです。

これが恋スキャFXの強みでもあり武器でもあります。

私もそうですがトレーダーは孤独なので、

なにかゲーム性のあるトレードができないか試行錯誤していました。

このロジックは遊びながら、そして楽しみながらトレードできるように作られているのです。







ここからは、

FXで失敗しない為にどうすべきか?を知るFX初心者の教科書

として、心構え等を中心に書いていますので、

参考にしてください。



あなたは、投資に対してどういうイメージを持っていますか?「リスクが高そう」「ギャンブルみたいなもの」「楽して儲かるもの」多くの方がそのような、あまりいいイメージを持っていないと思います。やり方に よっては、そのようなリスクの高い、ギャンブルのようなものになってしまいますが、正しい知識を身につけ れば、「リスクを低く抑え」「ギャンブル」のようにならない投資が出来ます。また、世の中に楽して儲かるようなものはありません。たまたま、高いリスクでギャンブル的な事をして、儲かった人は確かにいます。しかし、そのような人が次に同じような事をして上手くいくかというと、その保証はありませんし、破綻してしまう危険性も持っています。ではどうすれば、正しい投資ができるのでしょうか?初心者の方にもわかりやすく説明していきたいと思います。

(1)投資は、何から始めればいいのか?
投資と言っても、色々な種類があります。株式投資、商品先物、不動産投資などです。今回、ご紹介するのはFX(外国為替証拠金取引)です。FXとは、それこそリスクの高い、ギャンブルをして大損するようなイメージを持たれていますが、それは大きく誤解されている事です。やり方によってはそのようなリスクの高いものになってしまいますが、リスク管理をしっかり行うことによってリスクを抑えることが出来ます。また、少額で始められ、初心者でも取り組みやすいのがFXの特徴です。FXと外貨預金との違いを質問されることもありますが、@金利に関しまして、FXの方が外貨預金より圧倒的に有利です。A手数料に関しましては、外貨預金はFXの100倍もかかります。B会社の破たん時にFX業者は保証がありますが、外貨預金は保証がありません。C保有期間に関しまして、FXはいつでも決済ができますが、外貨預金は満期まで保有しなければなりません。従いまして、購入時よりも満期時の方が円安になっていれば差益が出ますが、逆の場合、金利でプラスになっても差損と相殺されて、結果マイナスになるという事も考えられます。

(2)外国為替取引とは?
外国為替取引とは、2種類の通貨を交換する取引の事で、例えば、日本円を米ドルやユーロに変えるような事です。海外旅行に行かれたことがあるのであれば、日本円を現地通貨に変えた事はあると思いますが、それと同じです。

(3)円高、円安とは?
「円高、ドル安」とはドルに対して、円が強い状態の事を言います。1ドル=100円だったものが1ドル=90円になれば「円高、ドル安」です。逆に、「円安、ドル高」は1ドル=100円だったものが1ドル=110円になる状態です。円高、円安の影響について、輸出、輸入で考えてみると、輸出は、外国に何かを売りますので、円高だと、100円で売っていたものが90円でしか売れなくなってしまいます。円安であれば、100円で売っていたものが、110円で売れるようになります。ですので、円安になると、輸出を多くしている、自動車、電機メーカーなど差益で利益を上げることが出来て、輸出関連株が上昇したりします。輸入は、円高だと、100円で仕入れていたものが90円で仕入れることが出来るようになりますので、差益が出て、「円高還元セール」をやったりしますよね。円安だと、100円で仕入れていたものが、110円でしか仕入れることができなくなります。多くを輸入に頼る我々の国、日本は、仕入れ値が高くなり、モノの値段が上がりやすくなります。

(4)外国為替取引はどこで行われる?
外国為替取引は、株式市場と違って証券取引所のような建物があって、取引が行われるわけではありません。建物がないという事は、バーチャルな市場です。電話やインターネットによって、取引が行われます。

(5)外国為替取引はいつ行うことが出来る?
外国為替取引は、24時間取引を行うことが出来ます。先ほども言いましたように、外国為替取引はバーチャルな市場で行われます。ネットワークが世界に張り巡らされていて、各国の時差によってそれを可能としています。それぞれの国の市場は大体8時間くらい行われるのですが、ニュージーランドが日本時間の朝の6時から始まり、ニューヨーク市場は朝の7時に終わります。(夏時間は1時間早くなります。)

(6)信託保全という制度
万が一、自分が取引をしているFX会社が倒産したら、自分の預けている資産はどうなるか?銀行であれば1,000万円までの保証ということですが、外貨預金であれば対象外なので、保証はありません。しかし、FX会社は信託保全を行っているので、100%保証されます。信託保全とは、投資家の資産契が契約先の信託銀行に預けられ、FX会社の資産とは区別され、信託財産として管理される制度です。ですので、万が一、FX会社が倒産しても、信託管理人を通じて、投資家へ返還されます。

2.FXを始めるにあたって、実際にどのように取引をしていくのか?

(1)FXをするにあたっての心構え
FXで失敗しないために、最初に知っておくべきことは、FXを始めるにあたっての心構え、考え方です。FXに限らず、投資全体に言えることだと思いますが、「欲を出さない。」という事が重要です。人間は欲が出るとろくな事がありません。確かに、投資というのはお金を増やそうとして始めるものなので、多少の欲はあります。しかし、すぐに儲けようとしてあせって欲を出そうとすると、足元をすくわれ、失敗してしまいます。じっくり時間をかけて育てていくという気持ちでいてください。ですので、初めは余剰資金、つまり、「なくなってもいいお金。」というくらいの、少額のものから始めてください。

(2)FXの取引方法
では、実際にどうやって取引をしていくのかについて、お話をしたいと思います。
一般の商売というのは、100円で仕入れたものを、150円で売るというのが主なやり方で、FXでも1ドル=120円で買ったものを、121円で売るという取引をします。ただ、投資に関しましては、もう一つ”空売り(からうり)”という取引方法があります。この空売りとは何かというと、将来的に今よりも相場が下がることが予測できるので、先に売るという取引をして、下がったところで、買うという取引をするというものです。具体的にいうと、1ドル=121円で売るという取引を先にして、120円で買うという取引を後でするというものです。この時、取引画面をクリックするなどして、買いや売りを行うわけですが、その取引画面でBID、ASKというものが出てきます。これは、BID=買い、ASK=売りというものですので覚えておいてください。FXは、円高でも円安でもどちらでも取引のできる、便利な投資です。

(3)FXの取引を始めていきましょう 
FXを始めるにあたって、まずしなければいけないのは口座開設です。FX会社も様々あり、どの会社にするか迷うところだと思いますので、FXで失敗しない為の 、FX会社選びのポイントについてお話します。

@売買手数料が無料のところ
A取引単位が1,000通貨から始められるところ
Bスプレッドが小さいところ
C取引通貨の種類が多いところ
Dスワップポイントが高いところ
Eキャッシュバックがあるところ

@売買手数料が無料のところ  
外貨預金と違い、売買手数料無料を取るFX会社はあまりありませんが、売買手数料無料のところを選びましょう。

A取引単位が1,000通貨から始められるところ
これについてはまず、レバレッジについてお話をします。例えば、1ドル=100円の通貨レートの時に、10,000円を米ドルに換える場合、100ドルと交換出来ます。10,000ドルの取引をしたい場合、1,000,000円が必要になります。しかし、FXではレバレッジを効かせる事ができるので 、レバレッジが10倍の場合、1,000,000円の10分の1の100,000円で済みます。レバレッジとは、テコの事で、このように少ない資金で取引が出来ます。従いまして、1,000ドルの取引であれば、10,000円での取引が可能となります。初心者の方は、少額で始めるために、取引単位が1,000通貨から始められるところを選びましょう。また、口座を開いて、取引を始めるうえで「証拠金」が必要になってきます。先ほどの、レバレッジのところでのお話は、理論上の事ですので、この金額に少しプラスした金額が証拠金となり、取引を始めるにあたって、必ずFX会社へ預けなければいけないお金です。証拠金は、会社によって設定がバラバラですので、こちらは確認が必要です。

Bスプレッドが小さいところ
「110.10-110.15」こんな表示を見たことあるとは思いますが、これは、1ドル=110.10(110円10銭)でドルを買います。110.15(110円15銭)でドルを売ります。というもので、投資家側から見ると110円15銭でドルが買えて(BID)、110円10銭でドルを売る(ASK)ことができるというものです。このBIDとASKの差がスプレッドです。見ての通り、ドルを買ってすぐに売ると、必ずマイナスになります。この差が手数料のようになり、投資家側はコストになりますので、出来るだけ、スプレッドの小さい会社を選ぶ事をお勧めします。

C取引通貨の種類が多いところ  
初心者のうちは、あまり気にしなくてもいいと思いますが、慣れてきて、取引したい通貨が口座を開いている会社にない場合は、それを基準に探してもいいかもしれません。
 
Dスワップポイントが高いところ   
金利の差から生まれる、利息のようなものです。例えば、ニュージーランドドルの金利がが3.25%、日本の金利が0.1%だった場合、3.25%-0.1%=3.15%となり、1ドル=70円と仮定すると、3.15%×70円×10,000通貨=22,050円、1日当たりの金利差=スワップポイントは、22,050円÷365日≒60円となります。レバレッジを抑えて、うまく運用すれば、1回取引をして放っておくと、このスワップポイントで利益を得ることが出来ます。ただし、為替差損が出ないように、毎日のレートのチェックは当然欠かしてはいけません。
 
Eキャッシュバックがあるところ   
FX会社も、自分の会社で取引をして欲しいので、キャッシュバックや色々なキャンペーンをして勧誘をしております。お得な会社を見つけて口座を開いてください。ただし、キャッシュバックは「何万通貨以上の取引をした場合に限ります。」と書かれていることが多いですので、取引条件には注意をしてください。

上記をふまえて、 を参照にして、FX会社を選んでください。

(4)実際の取引

口座開設が完了しましたら、実際の取引を始める事が出来ます。取引は、買う(BID)か売る(ASK)かの2通りになります。相場が、上がると予想出来れば、買うという注文を出して、上がったところで売るという決済をする。相場が、下がると予想出来れば、売るという注文を出して、下がったところで買うという決済をする。という事が取引です。そして、この注文方法には、いくつか種類がありますので、順番に説明していきます。

@成行注文 
その名の通り、成行で今のレートですぐに買う、売ることが出来る注文方法です。

A指値注文 
注文したいレートをあらかじめ決めておいて、予約する注文方法です。今よりも低いレートで買う注文を出して、上がったら決済をする。今よりも高いレートで売る注文を出して、下がったら決済をするという取引をします。

B逆指値注文 
指値注文とは逆で、今よりも低いレートで売る注文を出して、さらに下がったら決済をする。今よりも高いレートで買う注文を出して、さらに上がったら決済をするという取引をします。 

CIFD(イフダン)取引
指値注文もしくは逆指値注文と決済注文を同時にできる注文方法です。例えば、買いたいレートで指値注文し,その指値注文に対し売りたいレートで決済注文を出せるというものです。  

DOCO(オーシーオー注文)
既に、注文を出しているものに、2種類の決済注文を出す方法です。買いでポジションを取っている場合、上がった場合の利益確保の為の決済注文と、下がった場合の大きな損失を避けるための決済注文を同時に出すことが出来ます。一方が決済されれば、もう一方の決済注文は消滅します。

EIFO(イフーオー注文)
IFDとOCOを合わせたもので、指値もしくは逆指値注文とそれに対する、決済注文を同時に出せます。これをしておくと、自動的に注文、決済をしてくれるので、積極的に活用する事をお勧めします。

(5)FXのトレード手法

裁量トレードとシステムトレードというものがありますが、裁量トレードとは投資家自身でトレード(取引)をする方法、システムトレードとは自動売買のシステムを使ってトレードをする方法です。初めから自動 売買をしてしまうと、力が付きませんので、初めは裁量トレードから始めましょう。ここでは、裁量トレードについて、説明をさせて頂きます。

@スキャルピング、デイトレード
スキャルピングとは、数秒から数分間で注文して決済する手法、デイトレードは数分から1日で注文して決済する手法です。いずれの手法もパソコンの前に張り付いてトレードをしなければいけないという事と、利益を出すのが難しいという事があり、初心者の方が始めるのであれば自分の頭で考えず、いい先生を見つけて、それに従ってまずは始めてください。

A短期トレード
数日から数週間かけて注文して決済をする手法です。トレンド(上昇か下降か)を考えて行うもので、まずは、ここから始めるのがいいでしょう。IFOで注文を出しておいて、1日に1回チェックするだけで済み、あまりトレードの事を気にせず普段の生活を送れるという点でお勧めです。注文方法は色々試してみて、自分に合ったものを見つけてください。

B長期トレード
スワップポイント狙いでのトレードが中心となる方法です。スワップポイントを狙う場合、レバレッジを低く(3倍くらい)して、取引を行いましょう。 

3.FXで利益を出す方法

(1)チャート分析

チャート分析というのは、過去のデータが分析された指標になります。チャートの読み方は色々な種類があって、自分にあったものを見つけて活用してください。ここでは、チャート分析の種類や、分析方法については言及いたしません。今では、分析する方法などが無料で配信されていますので、「FXチャート分析」などで調べてみてください。また、口座開設をすると、専門家の分析やセミナーなども配信していますのでそちらで勉強するのもいいと思います。初めは、それらの無料配信サイトで勉強しながら、「デモトレード」をやってみるという手もあるかもしれません。ただ、一つ言えることは、無料の情報も優れたものはありますが、やはり有料の情報の方が、ピンポイントで短期間に初心者でも利益が出やすい方法を教えてくれますので、投資を行う上での投資という事でチャート分析については、有料情報で体得する事をお勧めします。

コチラ→ がお勧めです。

(2)ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズというのは、経済状況がどうであるかという事ですが、景気指標や経済指標などで分析をしていきます。1番メジャーでなおかつ重要な指標が、政策金利です。景気が好調であればインフレが起きる懸念があり、それを抑えるために金利を上げ、金融市場への資金供給を減らすことで景気の抑制を図ります。不景気の場合はもちろんこれとは逆に、金利を下げ、金融市場へお金の供給を増やします。次に、アメリカの非農業部門の雇用者数の増減と、失業率です。毎月第一金曜日に発表されるのですが、この数字によって、為替はかなり変動しますので必ず押さえておきたい経済指標です。また、主要人物の発言なども注意が必要です。この他にも、色々な指標がありますが、口座開設後に各会社で詳しく説明していますので、都度、確認していってください。

(3)チャート分析とファンダメンタルズ分析

チャート分析とファンダメンタルズ分析どちらが重要かと言うと、両方です。人それぞれだとは思いますが、チャートでしっかり分析しながら、今の経済状況を把握してトレードするという事が必要です。ダウ工業株、日経平均株、原油価格、金の価格なども重要となってきますので、これらも踏まえてファンダメンタルズ分析をしていきます。

4.リスク管理

リスク管理は、利益を出すことより重要です。リスク管理なしに、利益を出すことができないからです。リスク管理を行う上で、何に気を付けなければいけないかの説明をしていきます。

(1)レバレッジを低くして取引をする。
先ほど、中期トレードがお勧めという話をしましたが、中期トレードを行う際のレバレッジは5〜10倍に抑えください。

(2)損切りをする。
トレードを行うと、どうしても自分が考えているのとは、反対方向に進んでしまう事があり、この時にどこまで損失を許容できるかを考える必要があります。ここまで損失が出たら、この先は元の方向に戻る可能性が低いというレートを決めておき、そこで損失の決済をすることによって、それ以上の損失を出さないようにするのが損切りです。この損切りは、必ずしなければならない事で、自分の中でルールを必ず決めるようにしてください。そうする事によって、ロスカットを避ける事が出来ます。ロスカットとは、巨額の損失を避けるために、FX会社が設けいているルールで、証拠金の何%になったら強制的に決済されるものです。FX会社に決済される前に、自身で損切りをしましょう。 

(3)冷静にトレードを行う。
パソコンの画面に張り付いてトレードを行うと、冷静さを失ってしまいます。(ただし、デイトレードやスキャルピングを行う場合、先ほども申し上げましたように、信頼できる先生の指導の下で、冷静になり、その通り取引を行えるのであれば問題ありません。)先ほど、中期的なトレードがお勧めという事でお話をしましたが 、中期的なトレードは、分析を行った後、注文と決済の金額を決めて注文を出す取引方法ですので、大きく値が動いている状況でも気にしなくて済みます。数時間あるいは数分の間に、大きく値が動くこともありますが、それだけ短い時間に大きく値が動いても 、結局元のレート付近に戻る事が多いです。いずれにしても、冷静に判断できる状況での取引しかしてはいけません。

5.最後に

あなたが今何歳かはわかりませんが、これから先、何十年も生きていくことになるでしょう。今からトレードを始めて、何十年も生きていく中で、トレードのチャンスというのは、何度も訪れます。欲をあまり出しすぎず、分析をしっかり行って、冷静に判断できる状況に置き、損切りをする時にはきっちり実施する事をすれば、しっかりと利益が残ります。相場には、ことわざが色々ありますが、欲を出さないという事を表したことわざに「頭と尻尾はくれてやれ。」というものがあります。一番低いレートで注文を出して、一番高いレートで決済できることはありません。一番低いレートと一番高いレートの値幅の半分くらいの利益が出ればいいと思ってください。頭としっぽはくれてやるという考えの器でいてください。そうすることによって、明るい未来が待っています。お互いFXで楽しく稼ぎましょう。










www.king-livechat.com